読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My maternity leave

第2子産前産後休暇中の日々の記録です。

月曜日 34w4d

ブックレビュー むすめ

自宅安静するために、単身赴任の夫がいない平日の何日間かは娘を義両親に預けるのが慣習になっています。
月曜日の朝、夫が勤務地に向かう前に娘を保育園へ送り、夕方は義母が迎えに行き、そのまま義両親宅で2泊。3日目の朝に義母が娘を保育園に送り、夕方は私か夫がお迎えに行き帰宅。
義母の用事も考慮に入れて、そんなパターンです。

週末、義両親宅を家族3人で訪れた際に様子をきくと、1泊は寂しくて泣いてしまうのだとか。
うーん、そうだよね。まだ3歳だもんね。。

夫は私を安静にさせたいし、私は寝ているばかりで構ってあげられないので、義両親宅で元気いっぱい、ワガママ放題の方がいいかなーーと思ってのことなのですが、娘にとってはブルーマンデーなようです。



最近よく読む絵本

 ①あなたって ほんとに しあわせね!

あなたってほんとにしあわせね!

②わたしが あかちゃんだったとき

わたしがあかちゃんだったとき


どちらも同じ作者です。
①は下の子が生まれるときの鉄板絵本らしいですね。前々から、二番目を妊娠したら読んであげようと決めていました。最近は自分からこれら2冊をリクエストしてきます。
②を読む時は、娘の赤ちゃん時代のアルバムを見せてあげたりもします。今朝も読んであげて、ちょうど届いたばかりの赤ちゃんグッズを見せてあげました。
生まれてくる赤ちゃんも気になる娘ですが、自分の赤ちゃん時代に興味津々なのです。

娘の絵本を選ぶのは自分の楽しみでもあり、小まめにチェックしているのですが、これらはまさに成長段階の”気持ち”に寄り添う作品だと思います。